もう二月ですね。
二月と言えばいつぞやの無茶発言を思い出します。
たまに、またああいうのをするのも良いなとか考えてしまいます。と言うか、二月はアレをしなきゃならんと思ってしまいます。何この病気。
また、頭がおかしくなったらすることにします。花
ps
最近画像のファイルサイズが大きすぎてアップロードできません。
ちくせう。

 青空

プレイログはどうにもならんので、独立させることにしました。
そうした方が携帯ユーザーの方にもPCユーザーの方にも良いと、個人的に思ったので。
不都合があれば気軽にお申し付けください。

話しは変わるんですが、この前母と姉と喋っていた時、青空学級なるものが地元の小学校に出来た。って話題になりました。
戦後の青空教室しか思い浮かばなかったのですが、話を聞いていくうちにそれとなく分かりました。少し障害のある子が入る学級みたいだと。
青空学級という教室は結構前から存在していて、実際使用した事があったのですが、本来はそう言う用途の教室なんだなー。とぼんやり思いました。
(当時使用した理由は、担任の先生と友人が骨折して、「階段上がるのが大変だからこの空き教室使っちゃえよ」というずぼらな物だったので)
でも、今思えば小学生の当時、本来の青空学級に該当するような子はちらほらいました。当時はちょっと変わっているんだな。程度にしか考えていませんでしたが。
姉にそう言ってみたら、姉も「何かが変わっている」程度にしか取っていなかったらしいです。
多分「障害」という言葉を知らなかったからですね。障害物競争位です。知っていたのは。ちなみに大好きでした。
当時は少し奇行があっても「あれがあの子の個性だろ」と思って、普通に遊んでいましたし、今もだからどうだという訳でも無いだろ。と接しています。
むしろ蛇を投げたり、入学式で一人外れて歩いたりしていた山田ファミリーと、校長室に乗り込んでふかふか椅子でトランポリンごっこしていた幼なじみの方が変わっているかもしれないです。

ただ、障害という言葉を知っても考え方が全く変わっていないのかと言われたら、決して否定は出来ません。
言葉って知って損するものもあるよなぁ。それなら阿呆で過ごしたいなぁと思ってしまう今日この頃。
勿論、今まで何もなかったからこそ、こんなボヘボヘ平和発言が出来るんでしょうけど。

20110118232115

 ニーアレプリカントログ

PCの方は追記からどうぞ。
携帯の方はそのままです。

20110118225201

続きを読む »

 明けました

あけましておめでとうございます!
新年早々かまくら作りに熱中しすぎてへろっへろです。
ガキ使録画した分を見て、腹部が痙攣しています。蝶野さんフィーバー。
ityou
豪雪地帯かと思ってしまうような大雪で年末年始は中々のパニックでした。
畑の囲いがぶっ壊れて、裏山の杉がボッキリ折れていました。
そこそこ写真を撮ったのですが、アップロードしようとしたらこの写真以外弾かれました。
ファイルサイズが大きすぎるだとかなんとか。うそー。
出だしから挫かれまくっていますが、今年もどうぞよろしくお願いします。
今年は安定した生活を送れるようになるのが目標です。ははは、どうなることやら。
 |  | 

Copyright © 2011山田 All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k